Bird&Bird

Photographer秋間佐恵子とPhotographer野宮昭治の野鳥写真などを公開しています。

サカツラガン

撮影/野宮昭治
滋賀まで、コクマルクン探しにレッツゴー!!
今日はまだ確認できずです。ついでに水辺公園を覗いて見ました。
ここには、オオヒシクイがすでに到着していました。コハクチョウも・・・
あれれ!! 双眼鏡の中に見た事の無い「サカツラガン」(写真左)が居るではないか@@;;;
もちろんライファーです。遠過ぎましたが、写真のように、特徴はゲット出来ました。
帰宅後、水辺のWEBサイトを見ると、最近入ったと事でした。
サイトを見てからの出撃だったら嬉しさ半減だったでしょうね。
良かった良かった^^;

【サカツラガン】夏季にカザフスタン、中国北東部、モンゴル南部、ロシア南東部で繁殖し、冬季になると中国南部(主に鄱陽湖)や朝鮮半島(主に漢江)で越冬する。日本では冬季に越冬のため不規則にごく少数が飛来する(まれな冬鳥もしくは迷鳥)。全長81-94センチメートル。翼長オス45-60センチメートル、メス37.5-44センチメートル。翼開張153-185センチメートル。体重3.2キログラム。種小名cygnoidesは「cygnus(ハクチョウ)に似た」の意で、英名(swan=ハクチョウ)や中国名(鸿=ハクチョウ)とほぼ同義。頸部は細長い。上面の羽衣は赤褐色、頬から喉にかけての羽衣は淡褐色、頸部から胸部の羽衣は白、胸部から腹部の羽衣は褐色。頬の羽毛が橙色を帯びる個体もいて飲酒して紅潮したように見えることが和名の由来。体上面の羽毛の羽縁(羽縁)は淡色。額から嘴基部にかけて白い羽毛で被われる。尾羽基部を被う羽毛(上尾筒、下尾筒)の色彩は白い。尾羽の色彩は黒褐色で、先端や外側尾羽は白い。嘴は大型で細長く、色彩は黒い。後肢の色彩は橙色。幼鳥は額の白色部がない。(ウィキペディアより)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/30(水) 23:49:22|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミゾゴイ

撮影/野宮昭治
幻の野鳥が都市公園のビオトープに居座っていると言うので行って来ました。すぐ近くまで来てくれるので、自由に撮る事が出来ました。今日は、終日ここで粘ってみましたが、「コレ」と言うのは撮れませんでした。

【ミゾゴイ】中華人民共和国南東部、日本(本州以南)、フィリピン、台湾。世界で1000羽以下しか存在しないと言われている。 主に日本(台湾でも繁殖した例があり)で繁殖し、冬季になるとフィリピン、台湾などへ南下し越冬(九州や南西諸島で越冬する個体もいる)する。全長49センチメートル。翼開張80-90センチメートル。後頭の羽毛はやや伸長(冠羽)する。頭部の羽衣は黒褐色。上面の羽衣は暗褐色で、黒色の細い斑が入る。下面の羽衣は淡褐色で、喉から腹部にかけて黒褐色の縦縞が複数入る。雨覆は赤褐色で、風切羽は暗褐色で、先端が赤褐色。
虹彩は黄色。眼の周囲や眼先には羽毛が無く、水色の皮膚が露出する。上嘴は黒や黒褐色、下嘴は黄色。後肢は黒緑色。幼鳥は全身が暗色の羽毛で覆われ、上面や翼には黒い虫食い状の斑紋が入る。
(ウィキペディアより)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/16(水) 21:38:35|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コシアカツバメ

撮影/野宮昭治
コシアカツバメ集団20羽程の集団に、1羽のツバメ幼鳥(写真/左)でしょうか、混ざっていました。
車の止めにくい所で、長居出来ず早早退散となりました。たまたま並んで写っていました。

【コシアカツバメ】夏季にヨーロッパ南部、中央アジア、ウスリーなどで繁殖し、冬季になると東南アジアやインド、中華人民共和国南部へ南下し越冬する。日本では夏季に繁殖のため九州以北(主に本州中部以西)に飛来する(夏鳥)。日本国内の繁殖地は北へ拡大傾向にある。四国や九州で越冬する個体もいる。全長17-20cm。翼開張33cm。最外側尾羽が非常に長い(燕尾型)。上面は光沢がある黒い羽毛で被われる。腰は赤褐色やオレンジ色で、和名の由来になっている。下面は羽軸に沿って黒褐色の斑紋(軸斑)が入る白や淡褐色を帯びた白い羽毛で被われ、縦縞が入っているように見える。下腹は赤褐色や淡いオレンジ色、尾羽下面の基部を被う羽毛(下尾筒)は黒い。嘴は黒い。後肢の色彩は褐色。幼鳥は尾羽が短く、上面の羽毛の外縁が淡色。
(ウィキペディアより)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/10(木) 23:46:43|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケリ

撮影/野宮昭治
久しぶりの鳥撮でした。コシアカツバメを撮っていたら飛び去った2羽のケリです。
確認してみると、最初に通過したのは幼鳥、そして追いかけるように親鳥が通過していきました。
違いが分る仕上げにしてみました。写真左が幼鳥です。胸の黒縞模様がまだありません。眼の色もまだ赤色になっていない。また、全体的に、色が淡く見えます。

【ケリ】モンゴル、中国北東部、日本で繁殖する。冬には東南アジア、中国南部などに渡るものもいる。日本においては留鳥として、かつては主に東北地方に分布していたが、近年は分布が拡大し、現在では中部地方、関西地方を中心とした近畿以北の本州に分布する。最近になって中国地方・北部九州など西日本でも繁殖が確認され始めた。全長約34 cm。雌雄同色。くちばしは短く、黄色で先端が黒い。足は長くて黄色。目は赤橙色で黄色のアイリングがある。また。嘴の付け根には黄色い肉垂がある。雌雄同色。 翼の小翼羽付近には爪があり、爪の大きさや色から雌雄の見当をつけることができる。成鳥の夏羽は頭部から胸上部が灰青色で、体上面は灰褐色で、体下面は白い。胸上部と体下面の境目には黒い胸帯がある。翼は先の方が黒く、基半部は白色と灰褐色で、飛ぶときこれらのコントラストが目立つ。尾は白色で黒い帯が入る。冬羽は頭部からの灰青色がやや褐色を帯びている。雛は淡褐色の綿羽に覆われている。若鳥は頭部からの胸部にかけて灰色でやや褐色を帯びる。胸帯は薄い。また目は褐色で、アイリング・肉垂とも小さく目立たない。
(ウィキペディアより)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/09(水) 22:32:56|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0