Bird&Bird

Photographer秋間佐恵子とPhotographer野宮昭治の野鳥写真などを公開しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クイナ

写真/野宮昭治
カヤかアシの茎でしょうか、フレームをうるさく横切ります。そんな事を考えながら「この辺りに来てくれれば・・・」
そんな期待はすぐに訪れました。あまりの早いシャッターチャンスに大慌てしてしまい、フレームアウトする始末^^;情けない。しかし、ライファーとなれば余計に気持ちも高まってしまいますね。対沼では「アリスイの梅止まり」でしょうか、大勢のカメラマンの大砲が並んでいます。最近、女性の大砲族をよくお見かけします。暫しジャム作りから解放され久しぶりの鳥見に大はしゃぎでした。

【クイナ】朝鮮半島、日本(本州中部以北)、シベリア東部などで繁殖し、冬季になるとインド東部、中華人民共和国南東部、日本(本州中部以南)などへ南下し越冬する。全長23-31センチメートル。翼開張38-45センチメートル。体重0.1-0.2キログラム。上面の羽衣は褐色や暗黄褐色で、羽軸に沿って黒い斑紋が入り縦縞状に見える。顔から胸部にかけての羽衣は青灰色。体側面や腹部の羽衣、尾羽基部の下面を被う羽毛は黒く、白い縞模様が入る。虹彩は赤い。嘴は長い。嘴の色彩は褐色で、基部は赤い。後肢は褐色や赤褐色。卵の殻は黄褐色で、赤褐色や青灰色の斑点が入る。繁殖期は嘴が赤い。湿原、湖沼、水辺の竹やぶ、水田などに生息する。半夜行性で、昼間は茂みの中で休む。和名は本種ではなくヒクイナの鳴き声(「クヒ」と「な」く)に由来し、古くは本種とヒクイナが区別されていなかった。驚くと尾羽を上下に動かし、危険を感じると茂みに逃げ込む。食性は雑食で、昆虫、クモ、甲殻類、軟体動物、魚類、両生類、小型鳥類、植物の茎、種子などを食べる。繁殖形態は卵生。オスがメスの胸部に嘴で触れ、翼や尾羽を上げて下尾筒を収縮させる。メスは鳴き声をあげながらオスの周囲を徘徊し、嘴を互いに擦り付けたり羽づくろいをして求愛する。またオスはメスに食物を与える求愛も行う。繁殖期にペアで縄張りを形成する。草原、ヨシ原などに枯れ草などを組み合わせた皿状の巣を作り、6-11個の卵を産む。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は19-22日。雛は孵化してから2-3日で巣立ち、20-30日で飛翔できるようになる。生後1年で性成熟する。(ウィキペディアより)
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/03/20(木) 00:06:38|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。