Bird&Bird

Photographer秋間佐恵子とPhotographer野宮昭治の野鳥写真などを公開しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソデグロヅル

写真家/写真/野宮/野宮昭治
ブログやHPなどを駆使し、居るだろう近辺をgooglemapで検討を付けて出掛けます。探鳥です。
今回は、ほぼピンポイントで見つける事が出来き、7:40を回った頃には、鉛色の隙間からようやく陽が差し込み露出も少し上がってきました。当然、初めての出逢いですので心音も高鳴っています。ブラインドを張る間もなくカミサンの乾いたNikon音が響きます。私も露出を尋ね即写に・・・・写真は、上空を警戒している所です。左の眼に太陽光が入り輝いています。

【ソデグロヅル】アフガニスタン、イラン北部、インド北部、中華人民共和国東部、パキスタン、ロシア東部および中部
夏季にロシア北東部(東部個体群)や中北部(西部個体群)で繁殖し、冬季になると鄱陽湖(東部個体群)、インド北部やイラン北部(西部個体群)で越冬する。日本では冬季に越冬のためまれに飛来(冬鳥)する。全長125-137センチメートル。翼開張230-260センチメートル。額から眼先、顔にかけて羽毛が無く赤い皮膚が裸出する。全身の羽衣は白い。初列雨覆や初列風切が黒く、和名の由来になっている。静止時にはこれらが隠れるため、全身が白く見える。虹彩は黄色や淡黄色。嘴は太くて長い。これにより水底にある植物の根を食べるのに適していると考えられている。嘴は淡赤色や暗赤色、灰赤褐色。後肢は淡赤色。幼鳥は上面や翼の羽毛が黄褐色みを帯びる。
湖沼、湿原、干潟、農耕地などに生息する。食性は植物食傾向の強い雑食で、植物の芽、根、果実、種子、昆虫、魚類、カエル、小型哺乳類などを食べる。繁殖地では動物食傾向が強いが、越冬地や渡りの途中では植物食傾向が強い。繁殖形態は卵生。ペア間では頭部を伸ばして上下に振りながら、翼を半開きに広げて鳴き声を交わしあう。1回に1-2個の卵を産む。抱卵期間は27-29日。
西部個体群は渡りの途中に飛来するアフガニスタンやパキスタンでは政情が不安定な上にツル類を狩猟する習慣があることから絶滅の危険性が高いと考えられ、越冬地のイランでも漁業による影響が懸念されている。最大の越冬地である鄱陽湖では三峡ダム建設による環境の変化が懸念されている。イランでは政府や研究者、国際ツル財団による啓蒙活動が進められ、インドでは越冬地がケオラデオ国立公園として保護されている。(ウィキペディアより)
  1. 2016/01/22(金) 22:31:55|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オオワシ | ホーム | ナベヅル朝日に照らされて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://19540620.blog36.fc2.com/tb.php/1007-80f0a167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。