Bird&Bird

Photographer秋間佐恵子とPhotographer野宮昭治の野鳥写真などを公開しています。

チョウゲンボウ

写真撮影/野宮昭治
撮影/野宮昭治

この日も、モズ狙いで出掛けました。相変わらず雄にエサをせがんで「チーチーッ」と鳴き続ける雌を横目に、少し急いで露出を合わせます。上空にはハトの集団が忙しなく飛んでいます。ほどなく、ハトではないそれがこちらに向かってきました。何となく気になり連写するとチョウゲンボウでした。比較的小型の猛禽ですが、よく見かけるのは昆虫などを獲っているところでした。今回のような、小鳥(スズメ)を持っているのは初めてです。小鳥好きのカミさんが猛禽を嫌う一つがこのシーンです。

【チョウゲンボウ】ユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布する。寒冷地で繁殖した個体は、冬季に南方へ渡り越冬する。日本では、夏季に本州の北部から中部で繁殖する。北海道や四国、九州でも夏季に観察されたことがあり、繁殖している可能性もある。冬季は繁殖地に残る個体と暖地に移動する個体に分かれる。また、日本全国各地に冬鳥として渡来する。全長 30–35 cm。翼を広げると 70–80 cm になる。体重は雄が 150 g、雌が 190 g 程度である。雌の方が大型である。毛は赤褐色で黒斑がある。雄の頭と尾は青灰色。雌は褐色で翼の先が尖っている。「キィキィキィキィ」と聞こえる声で鳴く。農耕地、原野、川原、干拓地、丘陵地帯、山林など低地、低山帯から高山帯までの広い範囲に生息する。単独かつがいで生活する。齧歯類や小型の鳥類、昆虫、ミミズ、カエルなどを捕食する。素早く羽ばたいて、体を斜めにしながらホバリングを行った後に急降下して地上で獲物を捕らえることが多いのが特徴。ハヤブサ類だが、飛翔速度は速くない。その視力は紫外線を識別することが可能で、この能力は主食である齧歯類の尿が反射する紫外線を捕捉し、捕食を容易にさせていると推測されている。ハヤブサと異なり、捕らえた獲物は周囲が安全ならばその場で食べる。日本では4–5月に断崖の横穴や岩棚、樹洞などに小枝を作って営巣するか直接卵を産む。カラス類の古巣を流用することもある。産卵数は1腹4–6個である。抱卵日数は27–29日で、主に雌が抱卵する。雛は27–32日で巣立つが、親から独立するにはさらに1ヶ月以上かかる。1年で成熟する。近年、市街地でもよく見かけるようになった。これは、獲物となる小鳥類が豊富なこと、天敵が少ないこと、ビルなどの構築物がねぐらや繁殖場である断崖の代わりになっていることなどが理由とされている。長野県中野市の十三崖(じゅうさんがけ)では、チョウゲンボウが集団繁殖しており、国の天然記念物に指定されている。しかし、近年は繁殖するつがいの数が大幅に減少している。(ウィキペディアより)
  1. 2016/02/29(月) 22:56:21|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミヤコドリ | ホーム | モズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://19540620.blog36.fc2.com/tb.php/1014-b198040b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)