Bird&Bird

Photographer秋間佐恵子とPhotographer野宮昭治の野鳥写真などを公開しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミヤコドリ

写真・撮影/秋間佐恵子
撮影/秋間佐恵子

良く出掛ける三重県津市。このミヤコドリの越冬地としても超有名です。どこに居るのかは広い広い海原を探さないといけませんが、大体の見当が付いています。ここは、野鳥の宝庫だけあって坊主になることがないので、ドライブがてら出掛けるには最適と言っていいでしょう。今年は、100羽弱の越冬数だそうです。

【ミヤコドリ】体長は45cmほどで、ハトより少し大きい。くちばしと足は長くて赤い。からだの上面は黒く、胸から腹、翼に白い部分がある。北欧、中央アジア、沿海州、カムチャツカ半島などで繁殖し、西欧、アフリカ西岸、中東、中国南部、日本にかけての海岸で越冬する。かつて日本では旅鳥または冬鳥として主に九州に渡来していたが、近年は東京湾でも定期的に観察されるようになった。海岸で小さな群れを作ってすごすことが多い。
 英名の「Oystercatcher」とは、カキなどの二枚貝を食べる習性に由来している。くちばしは上下に平たくて先が鋭く、わずかに口を開けた二枚貝に素早くくちばしを差し込み、貝柱を切断して殻を開け、中身を食べる。ほかにカニやゴカイなども食べる。また、アイルランドの国鳥になっている。(ウィキペディアより)
  1. 2016/03/02(水) 00:47:05|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<コミミズク | ホーム | チョウゲンボウ>>

コメント

いいね
  1. 2016/03/02(水) 00:52:45 |
  2. URL |
  3. お名前 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://19540620.blog36.fc2.com/tb.php/1015-cac32677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。