Bird&Bird

Photographer秋間佐恵子とPhotographer野宮昭治の野鳥写真などを公開しています。

黒丸鴉

IMG_4241-2.jpg
この写真も、お蔵入りになっていました。
神秘的なコクマルくんに魅せられて、野鳥の中では「好きな上位ランクベスト5」に入ります^^
この写真は、結構好きで、思い入れのあるショットです。
私は、AFをほとんど使いませんのでこれはマニュアルフォーカスショットです。
止まっている電線から飛び出してくるところです。
まずは、止まっている位置にピンを置き少し写しました。その後、風向きを考えると、コチラに飛んで来るはずです。
そこで、チョット手前に置きピンして飛び出しを待ちます。
手も疲れて来ますが、私はこの方法で狙っています。
予想通りにいかないのがこの手の写真ですが、この時は、疲れる前に上手く飛んでくれました。
モニターを見て、徐々にピン有り位置に近付いてくるショットを1枚ずつ消去していきます。
「ピン有りショット」があると嬉しくなりますね。

【こくまるがらす 京都府八幡市】

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/03/14(日) 02:08:14|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<虎鶫 | ホーム | 赤腹>>

コメント

vivi_kota さん、こんばんは

昔も今も変わらず使えますね。
実は、鉄道ファンでした。当時は、撮り鉄とは言ってませかでしたが・・・・
SLは、免田から横山駅まで、約3年ほど撮っていました。
色々と試しましたが、広田尚敬氏が「鉄道ファン」誌に、置きピンで撮る事を書いてありました。
以後、この方法が主力となり、残せるショットが増えていきました。
能登鹿島駅の桜、西岸駅近くの穴水湾入りなど、風景の中のSLを撮りました。
それまでは、「SLだけ」でしたね。
この歳になって、変わったのはSLが野鳥に代わっただけです^^;
  1. 2010/03/15(月) 22:17:43 |
  2. URL |
  3. 夢太郎 #yCpkrOOg
  4. [ 編集]

夢太郎さんの技、いただきます(笑)
撮り鉄さんはよく置きピンで撮ると聞いたのですが、鳥にも使えるんですね。
  1. 2010/03/15(月) 19:44:16 |
  2. URL |
  3. vivi_kota #g1ZuIEBw
  4. [ 編集]

M.hanadaさん、こんにちは

この方法でも、小鳥系の飛びはほとんど全滅です。
希に、何日か分の中に1~2枚ほど有ったりしますが・・・
それに比べると、この子は少し大きいので狙いやすいです。ファインダーから外れないよう神経を使って持っていければ大体OKです。
とは言っても、ほとんどフレームから消えています^^;

  1. 2010/03/14(日) 23:56:41 |
  2. URL |
  3. 夢太郎 #yCpkrOOg
  4. [ 編集]

小型の鳥が近い距離を、びゅんと飛ぶような時は、それを追いきれるAFなど無いように思います。
AFが迷っているうちに、チャンスを逃すことは多いですからねえ。
いつも当然のようにAFを使っていますが、MFとの使い分けが必要だと教えられる写真です☆
  1. 2010/03/14(日) 11:21:13 |
  2. URL |
  3. M.hanada #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://19540620.blog36.fc2.com/tb.php/620-075efe61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)