Bird&Bird

Photographer秋間佐恵子とPhotographer野宮昭治の野鳥写真などを公開しています。

ハナニラ

写真/野宮昭治
先日の帰り道は308の暗がりから帰宅したのですが、坂も終わろうとするあたりの枚岡公園にハナニラの群生地があります。午後の日差しが気持ちよく当たっています。生まれたばかりのバッタ達が、花群に群がっていました。

【ハナニラ】日本では、明治時代に園芸植物(観賞用)に導入され、逸出し帰化している。葉にはニラやネギのような匂いがあり、このことからハナニラの名がある。野菜のニラ(学名Allium tuberosum)とは同じ科の植物であるが、属が違うのであまり近縁とは言えない。球根植物であるが、繁殖が旺盛で植えたままでも広がる。鱗茎から10-25cmのニラに似た葉を数枚出し、さらに数本の花茎を出す。開花期は春で、花径約3cmの白から淡紫色の6弁の花を花茎の頂上に1つ付ける。地上部が見られるのは開花期を含め春だけである。(ウィキペディアより)

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/19(金) 22:07:54|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツバメ | ホーム | ヤツガシラ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://19540620.blog36.fc2.com/tb.php/938-7ce4457b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)