Bird&Bird

Photographer秋間佐恵子とPhotographer野宮昭治の野鳥写真などを公開しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソリハシシギ

写真/野宮昭治
17日、久しぶりで三重県の雲出川と伊勢湾に面したデルタ地帯、香良洲町(からすちょう)へ行ってきました。
これまで、見た事のなかった海鳥を数多く確認出来た場所です。今回は、到着して直ぐにこの子の飛翔と遭遇。
その後、再会は出来ませんでしたが写真の飛び群れをゲット出来ました。他のシギチに比べ少々デコっていて愛らしいですね。

【ソリハシシギ】ユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、アフリカ大陸から、インド、東南アジア、オーストラリアの沿岸部で冬を越す。日本で見られる数は多くないが旅鳥として各地に現れる。春は4-5月ごろ北へ渡る途中に渡来し、秋は8-10月ごろ南へ渡る途中渡来する。秋の方が個体数が多い。シギの中では小型で体長22-25cmほどである。翼開長は57-59cm。嘴は体に対して長く、上に反っていて色は黒で基部は黄褐色。成鳥夏羽は体上面が灰褐色、下面が白色で胸に灰褐色の斑がある。足は短く橙黄色。冬羽になると胸の斑が無くなって体下面がより白くなり、足の色が淡くなる。次列風切の羽先が白く、飛翔時には白い帯のように見えてよく目立つ。雌雄同色である。非繁殖期には、主に海岸地方の干潟、浅瀬、砂浜、河口や海岸近くの水田に生息する。内陸部の湿地で見られることはまれである。非繁殖期は、単独か小群で生活する。繁殖期は湿地、草原、ツンドラ地帯などに生息する。砂泥地を活発に動き回り餌を探し、昆虫や小型の甲殻類を食べる。繁殖期は5-7月で、地上の窪みに営巣し、普通4卵を産む。抱卵期間は22-24日である。ピリピリッ、ピーイピーイと口笛のような声で鳴く。(ウィキペディアより)
  1. 2014/09/22(月) 01:15:09|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オオソリハシシギ | ホーム | セイタカシギ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://19540620.blog36.fc2.com/tb.php/987-72132c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。